春の褒章 輝く功績

本年度春の褒章で三重県写真館協会の川地清弘さん(73)が『黄綬褒章』に選ばれました。

「人々の肖像写真を専門に、卒業、成人、結婚、人生の節目を迎えた人の表情を半世紀に亘りファインダーをのぞかれました。全国から集まる後輩の育成にも熱心で、学んだ技術とノウハウを伝えていきたい」と喜びを語られています。

Leave a Reply