第6回「キャリア教育推進連携表彰」受賞

《取組内容》 本団体は、小中学校に技能士を派遣し、児童生徒にものづくりの楽しさや技能の大切さを実感させるために、制作過程を工夫するなど発達段階に応じた「ものづくり体験」の取組を行うとともに、毎年、関係団体と連携して県内各地で「ものづくりフェア」を開催している。

《受賞理由》 ・技能士会による小中学校を対象とした「ものづくり体験」提供の実践である。24年間にわたり継続的に実践してきたこと、及び、他の多くの地域で実践可能なモデルとなり得ることを評価したい。 ・「ものづくり」をキャリア教育の中核と据え「仕事」や「働くこと」についてシンプルな形で展開できている。特に小学生にとってはキャリア形成を促す取り組みのひとつとなる。 ・地域技能士会の取組みにより、児童生徒にとって「ものづくり」が身近なものとなり、技能士側にとってもひとつのやりがいを生み出すものと思われる。 ・指導内容を工夫するプロセスで、子供だけでなく大人の学びが醸成されていることが予想され今後の活動に期待したい。子供たちの体験が将来生かされるだけでなく、地域づくりにつながっている。 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/career/detail/1342362.htm

DSC_1104[3] IMG_0596

Leave a Reply